誰にも相談できない男性特有の悩み

多くの人が、自分の体に何らかのコンプレックスを持っているものですが、その中でも男性特有の悩みとして、下半身の悩みが挙げられます。特に包茎は、人に中々相談することができないものですし、銭湯やプールの更衣室などで人目が気になってしまうものです。包茎には様々な種類のものがありますが、その中でも特に多いのが仮性包茎と呼ばれる種類のものです。仮性包茎はそのままでもセックスなどは可能ですが、見た目の他、様々な病気の原因にもなってしまうものです。

仮性包茎が原因の様々な問題

仮性包茎は、ペニスを覆っている包皮が余っている状態で、勃起しても亀頭が露出しない状態です。手で包皮を剥くことはできるものの、平常時は亀頭を常に覆っている状態になるため、どうしても衛生面で問題が生じてしまいます。恥垢がたまりやすいので、不快な臭いが発しやすくなりますし、雑菌が繁殖することで亀頭包皮炎と呼ばれる病気にもなってしまいます。また、セックスの刺激に敏感になるので、早漏などの原因にもなり、男性としての自信を失ってしまう原因にもなりかねません。

専門医ならば様々な悩みに対応できます

仮性包茎を治療するのであれば、専門の医療機関を受診するのが最も確実です。こうした専門医を利用するのに恥ずかしくて躊躇してしまう人も少なくありませんが、多くのクリニックでは男性スタッフが揃っており、症状に合わせて丁寧にカウンセリングをしてもらえるので安心です。仮性包茎の場合であれば、切らずに手術が可能な事も多いので、普段の生活に支障をきたさずに治療できます。また、切らない治療であれば痛みも少なく、ダウンタイムも短いのが大きな利点です。

仮性包茎の手術は日帰りで行うことも可能です。費用も格安なのでクリニックなどへ気軽に相談してみましょう。