まずは業者選びをしよう

外壁塗装を初めて行うならまさに右も左もわからない状態ですが、業者選びをする際にはできるだけ口コミや評判を周りの人に聞いたり、インターネットのサイトなどで調べてから選ぶできです。少なくとも調べることで9割の可能性で悪質な業者を選ぶことは無くなりますよ。業者選びは1社でなくてもかまいません。まずはいくつかの業者をピックアップしていきましょう。業者選びが完了したら次に見積もりをお願いします。見積もりは数社にお願いをして見積書を出してもらいます。

見積書の見方を知ろう

見積書を出してもらうといくつかの項目に分かれており、その中には知らない用語もあるでしょう。たとえば塗料の種類などは専門家か業者でなければなかなかわからないのです。もし、塗料の種類が書かれていない場合にはその業者を選ばないようにしましょう。見積もりの段階で塗料が明確でないということは本来見積もりを出すことはできないはずだからです。たとえば、お寿司を頼むのに松竹梅のどれを頼むかわからない段階ではいくら払うのかがわからないですね。それと同じです。

おおよその相場を知っておこう

見積書に最低限書かれていなければいけない内容は塗料の種類やその単価です。そのほか足場の設置や取り外し費用や下地処理、高圧洗浄代などの項目もあります。それぞれの単価が書かれているはずですが、足場に関しては15万円以上の場合には高すぎですので注意です。また、高圧洗浄費用も5万円以上は高すぎます。あと、最後によくわからず割引50万円などと書かれている場合がありますが、特にキャンペーン中でも無ければどんな意図で割り引きされたのかを業者に聞いてみるといいでしょう。その根拠を明確に答えられる業者を選びましょう。

外壁塗装の相場を把握することで、適正価格で作業を依頼できます。その際に役立つのが見積りで、複数業者に対して見積り依頼を行うことによって相場をスムーズに把握できます。