太陽光発電のメリットは何なのか?

太陽光発電は再生可能エネルギーの中でも特に注目されている発電方法です。太陽光発電のメリットを、あなたはいくつ知っているでしょうか。クリーンなエネルギーであることはもちろんご存知の通りです。経済面で見れば、太陽光発電で得られる電気の使用で光熱費が抑えられたり、発電した電気を売ったりすることができます。設置する際は補助金が出るなど、設置費用が安くなることがあります。災害が発生したときも安心で、発電した電気をそのまま使用することもできます。

太陽光発電のデメリットは何なのか?

先ほど、太陽光発電のメリットを取り上げましたが、逆にデメリットはどうでしょうか。太陽光発電のことをよく知らないと、設置後に困ったことになるので、注意しましょう。まず、発電量が不安定になることがあり、天候によって発電ができない日があります。設置に関しては、パネルの値段が高く、設置にも費用がかかるといったことがあり、設置時はかなりのコストが必要になることがあります。また、一度設置してしまうと、引っ越しがしにくいなどのデメリットもあります。

太陽光発電の売電価格について

先ほどのメリットの部分で、太陽光発電で得られる電気を売ることができるといいました。しかし、その売電価格が年々下がっていることをご存知でしょうか。2012年7月から固定価格買取制度が始まりました。当初の3年間はプレミア期間となっていて、発電事業者の利益に配慮した売電価格の設定がされていました。その後の2015年6月末にプレミア期間が終了し、同年7月からは1kwあたり27円となっています。今後も売電価格は下がり続ける予定なので、太陽光発電を導入するのは早めに検討しておいた方がいいでしょう。

太陽光発電のいい所は何と言っても公害と無縁のクリーンエネルギーであり、光熱費の削減や売電等の経済的効果も期待できます。反面、天候に左右されるため発電量が不安定、変換効率が悪い等の欠点もあります。