ふるさと納税とはどんな仕組み

ふるさと納税とは、自分の思い入れのある自治体などに2000円以上の寄付をすると、その金額から一定額が住民税や所得税から控除される制度です。行うことで、自分が住んでいるところとは別の自治体に住民税や所得税を納めることになり、さらにそのお礼として、自治体から返礼品が届くことがあります。ふるさと納税で税金の控除を受けるには、確定申告を行わなければなりません。しかし寄付する自治体が5団体以内なら、2015年4月以降から、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」を相手の自治体に提出することで確定申告が不要になりました。

納税の方法は難しくない

ふるさと納税のやり方は、まず自分が寄付したい自治体を選びます。「ふるさと」という名前ですが生まれ故郷限定というわけではなく、旅行して気に入ったなど、応援したい理由や地域は問いません。大半の自治体はインターネットで申し込みができますので、申請します。送金の仕方は、大体がクレジットカード決済か、申請後に送られてくる振込用紙で振り込むことになります。自治体によって変わりますから、申請前にきちんと確認しておきましょう。確定申告をしない方法を取る人は、送金だけでなく申告特例申請書も郵送します。受領書が送られてきたら、確定申告をする人は大切に保管しておきましょう。

たくさんのやりがいがある

確定申告は、国税庁のホームページなどを利用すれば、それほど難しくなく作成できます。作成した書類に、ふるさと納税をした自治体から送付されてきた受領書と源泉徴収票を添えてハンコを押し、税務署に郵送で提出しましょう。ふるさと納税では、応援したい自治体に金額の援助だけでなく、どのようなところにお金を使ってほしいか指定できるところも増えています。そしてお礼の品は、自治体の特産品など特色があるため、それを楽しみにする人も多いのです。いろいろとやりがいの感じられる納税方法で、やり方もそれほど難易度が高いというわけではありません。関心があるなら、1度試してみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税とは任意の自治体へ2000円以上の寄付を行なうと、住民税の約2割が控除される制度です。地方自治体にお金がまわる事で地域の活性化が期待されています。